MLMを通して20代が身につけたいギブ・アンド・ギブの精神

与えるのは「お金」ではなく

『こころ』

「ギブ・アンド・ギブ」することで

『幸せ』になれるのです

ギブ・アンド・テイクとは


「ギブ・アンド・テイク」とは…

お金を与えてそれに見合うサービスを受け取るということ。

「与えて受け取る」という意味で、この当たり前のやりとりによってお金を中心とした資本主義が成り立っています。

もしこのやりとりがなければ、商いは成り立ちません。
お金を与えて、受け取るというのは当然のやりとりで常識なのです。


ギブ・アンド・ギブの精神って!?

hiyoko.png

20代は社会に出たばかりのヒヨコさんで、貯金も無いし、お金の余裕も無いので、目先の利益に行動が左右されてしまいますよね。


これはネットワークビジネスでも言えることで、
「自分さえよければ良い。」
「これは自分にメリットがあるだろうか?」


という損得勘定で動くと、相手にも伝わり相手からすると、「ギブもないのにテイクを求めるんかい!」といわゆる”ケチくさい人”のレッテルが貼られてしまいます。

そんなあなたには誰もついてきません(^-^;


まずは自らギブして、相手が「そんなにしてもらって悪いなぁ」という感情が自然と湧き出るまでギブし続けることで、テイクできたらラッキーくらいに考えることが大切です。


しかし、注意しないといけないのが、自分が「ギブした」と思うことと、相手が「ギブされた」と感じるポイントは必ずしも一致しないということです。


人によって感じ方はまったく異なるので、相手をよく見ず、「これだけしてあげたんだから、これくらいのテイクしてもいいだろう」と利益を取りにいくと、モヤモヤしてうまくいきません。


与えるのは『心』

勘違いしないでほしいのは、与えるのはお金ではないということ。
人に気に入られようと、何も毎回毎回差し入れをしましょう。と言っているわけではありません。


heart.png

いくら与えても決してなくならない「心」を与えることで、相手を豊かにさせるのです。


幸せな人は自分の『心』を与えることで、相手に豊かになってもらい、人間関係を潤滑にしているから幸せなのです。


もともと幸せだからギブ・アンド・ギブをしているのではなく、ギブ・アンド・ギブをすることで幸せになれたのです。


画像の説明

画像の説明
jouhou1- (1)
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明