女性にうつ病が多い理由

女性にうつ病が多いわけ

前向きな気持ちにする

¨セロトニン¨

女性は男性の半分!?

セロトニンとうつ病の関係

セロトニンとは…
人間の脳で「やる気」や「安心感」の源とな
ると言われている神経伝達物質です。

ところが、セロトニンは女性の場合、男性の
半分のスピードでしか、つくることができな
いようです。

また、多くの研究結果からも、女性は男性に
比べて、セロトニンの量が減りやすいことが
解っています。

セロトニンの不足は、うつ病の原因になって
いるという有力な説があります。

画像の説明

うつ病の原因を心理的、社会的な要因から分
析している理論もありますが、見逃してはな
らない事実は、男性と女性では、脳が生理学
的に違っているということです。

実際、うつ病の発症率は女性が男性の2倍~
3倍にものぼります。
 
最近の研究で注目されているうつ病の原因は
次のようなものです。
[check]エストロゲンの不足(女性)
[check]テストステロンの不足(男性)
[check]日光をあまり浴びていない
[check]運動不足
[check]ビタミン、ミネラル不足

これらはどれも、セロトニンの分泌量を下げ
てしまう要因です。  

もしも、
◼なんとなく気分が落ち込むことが多い
◼無気力になる
◼緊張
◼イライラ
◼あまり眠れない
◼無性に大食いになる
このような状態が続くようなら、セロト
ニンの量が少なくなっている可能性があ
ります。

女性の体内で、女性ホルモンであるエス
トロゲンが不足していると、セロトニン
の量も減ってしまうというのは、エスト
ロゲンにはセロトニンの分解を防ぐ働き
があるためです。

生理前になんとなくやる気がなくなった
り、イライラがおさまらなかったりする
のは、エストロゲンの量が少なくなって
しまうからなのです。  

更年期、閉経期の女性がうつになりやす
いのは、やはりエストロゲンの分泌量が
低下するからであると言われています。

セロトニンの濃度の高いときには安心感
をおぼえ、落ち着いた気持ちでやる気の
ある前向きな状態であるという内観が得
られるようです。  

セロトニンとダイエット

画像の説明
セロトニンのもうひとつの大きな働きは
満腹中枢を刺激することです。  

体重を落としたいというとき、少量の甘
いものや炭水化物を摂取することで脳の
セロトニン量を増やし、満腹中枢を一気
に刺激してやるのもひとつの有効な手段
です。

あまりに炭水化物をとらないと、かえっ
て満腹中枢がいつまでたっても刺激され
ず、常に空腹で食べ物のことばかり考え
てしまい、リバウンド…なんていう結果
にもなりかねません。

普段からきちんとセロトニンの材料とな
るタンパク質をとることが大切です(^^)


画像の説明

画像の説明

画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説