ワーキングマザーのメリット

ワーキングマザー

メリットはたくさん!

自信をもって働こう!!

私は3人の子供をもつママです。
1人目、2人目の妊娠中は正社員で働き、産休・育休を得て復職しました。

3人目妊娠を期にこのビジネスを始めたので今は外に働きには出ていませんが、ママ友のこんな悩みを聞きました。

【ママ友C子さん】
子供2人:6才・3才

『下の子が少し手がかからなくなったので資格をいかして、仕事復帰しようか悩み中。まだ小さいので、保育園に預けたり、学校から帰ってきたりしたときにママがいないと寂しいかな、と心配で決断できない。』とのこと。

確かに仕事・家事・育児全てをこなすワーキングマザー(通称:ワーママ)は大変なこともたくさんあります。その上、子どもがまだ小さいとなると、仕事から帰ればまるで戦争のよう……。ただ、それ以上にワーママにはメリットもたくさんあります(*^ー^)ノ♪

ワーママが自信をもってキラキラ働けますように(*^_^*)

画像の説明

★ワーママメリット①社会とのつながりができる

「ママ友」だけの世界ってすごく狭いもの。毎日同じ人と家庭や子供の話だけをしていたときより、外の世界でいろんな人と話すようになってからの方が自分の世界も広がります。

働きたい!と思うママの中で「毎日の生活に刺激が欲しい」「社会とのつながりがほしい」という理由は上位をしめます。

ママ友と学校と家庭だけ、という狭い世界にずっといることに閉塞感を感じてしまうこともあります。

専業主婦も立派な仕事ではありますが、夫も子どもも家事をしてもらうのが当たり前という考えになっていると、やりがいが感じられず不満が出てきてしまいます。

その点、仕事はやればやるだけ認められ、やりがいを感じられますよね(^^)


★ワーママメリット②子どもと過ごす時間が濃密になる

子育てママが外で働くことを躊躇してしまうのは、子供との時間が減ってしまうからです。しかし、ワーママの多くは

『子どもと一緒にいる時間が少なくなった分、少ない時間を有効に使おうと密に子どもと過ごせるようになった』

『離れる時間があった方が子どもの大切さを実感できる 』

と感じているようです♪

ただ毎日ダラダラと一緒に長い時間いるよりは、時間が少なくなった分この時間を大切にしようとむしろ子どもとの時間を濃密に過ごせるようになることも(^^)

画像の説明

★ワーママメリット③金銭的に余裕ができる

金銭的に余裕ができる、というのはママにも家計にも嬉しいところ。

今までは節約節約で自分の欲しいものは我慢、ひたすら子どものためにお金を貯めてきたという場合でも、自分が働けば自由に使えるお金も増えます。

『今までは節約の毎日だったけれど、自分が欲しいものが買えるようになった。』

『旦那が働いたお金で好きなものを買うのは躊躇していたけど、自分が働いたお金となると罪悪感をあまり感じない』

と、ママも働けばたまにはパーッとショッピング、ということも可能になります。

画像の説明

ワーキングマザーは決して容易ではありません。
ワーキングマザーのデメリット?もありますが、総合的に見るとやはりプラスではあるので、自信をもって働いてほしいです(*^ー^)ノ♪


hahanohi.png

働いているお母さんって、子どもの目から見ても人生を楽しんでいるようで素敵に見えるのではないでしょうかv(・∀・*)




画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説