ネットワークビジネスの収入で少ない年金を補う

年金受給資格が

緩和…!?

それでも少ない

収入(;-;)

副収入を求めている方

増えています

年金の最低加入期間が25年から10年に短縮?


注意しておきたい法的なポイントを解説


9月26日に実施された臨時閣議において、政府は年金制度の変更法案を閣議決定しました。

注目されたのは、年金の受給資格を取得するために最低でも25年必要だった年金加入期間が、10年にまで短縮されることです。


これにより年金の受給資格者は大幅に増える見込みで、約64万人が新たに受給者に加わる試算だと報道されています。


ではこの法改正案が実現した場合、法的にどのような点に気をつけなければいけないでしょうか。


■最低期間が短縮されるだけで年金額は増えない


法改正が成立すれば年金受給資格者は増えますが、当然、10年の最低加入期間しかない方は25年以上納付した方よりも、年金額は大幅に減ります。

年金だけで老後の必要な生活費を賄うことは困難でしょう。


しかし、今まで受給資格がなく0円だった人でもいくらか年金を受給できるようになるわけです。


今まで専業主婦だった方も子育てが一段落して、また働きだしたら少なくとも年金が受け取れるわけです。


■収入が少ない人は、年金以外にも免除や猶予の制度活用を


従来から、収入が少ない方のためには、若年者猶予や学生納付特例、保険料の一部免除といった制度が用意されています。


保険料の負担を一時的に軽くしつつ、年金の加入期間に算入することができるので、年金未納のまま放置するのではなく、猶予等の手続きを申請した方が後々のためになります。


■新たな受給資格者は忘れずに申請を


最低加入期間の短縮が実現すると、受給資格者数は大幅に増えます。

年金の支給は自動で行われるわけではないため、申請が必要となります。


■年金➕αの収入をネットワークビジネスで


年金受給資格が緩和されたとしても、十分に生活できる収入とは言えませんよね。


下流老人という言葉が一時期取り上げられていましたが、あなたがそうならないためにも今からネットワークビジネスで老後の準備をしませんか??


□子供に迷惑をかけたくない…

□自立したゆたかな老後を送るのために…

roujin.png


画像の説明


画像の説明
jouhou1- (1)
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明