画像の説明

季節の変わり目と肌トラブル


■秋口は化粧水に刺激を感じやすい季節


朝晩は秋の風を感じられるようになってきましたね。

秋口は、化粧品メーカーのお客様センターへの問い合わせが、最も増えるといわれています。

内容は各種ありますが、その中でも


「化粧水が急にしみる」


というものが多くあるそうです。普段使いなれている化粧水なのに、どうして急に? と不安になりますよね。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。また、そんな時の対応策は?

秋口の肌の変化と、正しいスキンケアの方法についてお伝えします。


■湿度が下がると肌は変わる!?


人の肌は、湿度が下がると一時的に敏感肌の状態になります。湿度の高かった夏から急に乾燥し始める秋口は、誰もが敏感肌になるのです。

では、そもそも「敏感肌」とはどんな状態なのでしょうか。

医学的には「敏感肌」の明確な定義はありませんが、一般的には刺激を感じやすく、トラブルを起こしやすい状態を指すようです。


その仕組みをご説明します。肌には外部からアレルゲンや刺激物の侵入を防ぐ角質層というバリア膜があって、このバリア膜が弱ってしまっている状態です。

湿度が低下するとバリア膜が一時的に弱くなり、刺激物の侵入を防ぐことができなくなるのです。

画像の説明

多くの方が、化粧水は肌の奥深くまで浸透しているように考えがちですが、通常このバリア膜は水も通さず、角質層の1/3程度にしか浸透しません。

ところが、このバリア膜が弱ると化粧水の一部が角質層を通過して、刺激を感じる神経に到達するようになるのです。


刺激を感じる成分は、一概に悪い成分ばかりではありません。美容効果の高い有効成分も角質層を通過して神経に触れれば、刺激を感じることがあるのです。

一方、クリームや乳液などは化粧水に比べて分子サイズが比較的大きいため、たとえ、バリア膜が弱っていても角質層を通過しにくく、刺激を感じることは少ないのです。


■化粧水に刺激を感じるときの対処法

このように、化粧水で刺激を感じる時は、どのようなスキンケアをすればよいのでしょうか?

基本的に、弱ったバリア膜の修復には水分が重要となります。角質層に水分を吸収させ、ゆっくりと時間をかけて蒸発させることで、バリア膜は強化されます。

puffer (2)

刺激がそれほどひどくなく、わずかに感じる程度であれば、継続して使用する方が敏感肌解消の近道になります。

一方、強く刺激を感じる、赤みが出るなどの場合は、いったん化粧水の使用を中止し、弱った角質層でも通過しないクリームやワセリンなどで保湿ケアをするとよいでしょう。

肌の状態に合わせて、正しいケアをすることが大切です。

biyou.jpeg

私はネットワークビジネスのアンチエイジング化粧品を使っていますが、今のところ(笑)肌トラブルはありません(^-^)

アンチエイジング化粧品は、化粧水・乳液・美容液・アイクリーム等、揃えるとかなり高額になりますよね(^-^;

私が使っているのはなんとオールインワン忙しい子育てママには、時短になりますし経済的にも嬉しいですよね(*^ー^)ノ♪

気になる方はこちらからお問い合わせください👆
画像の説明

画像の説明
jouhou1- (1)
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明