ニューベラスエネルギー 緑茶カフェイン

ニューベラスの製品 ニューベラスエネルギーの主成分は緑茶!?

ネットワークビジネス企業のニューベラスニューベラスエネルギーというエナジードリンクも定評があります。

市販で売られているドリンクには化学物質がたくさん入っている為、一時的に回復したように思えても後々体に悪影響を及ぼすと言われています。

ニューベラスエネルギーはオーガニックで栄養補給ができ、尚且おいしい!と今話題です(^^)

matcha.jpg

驚くことに、ニューベラスエネルギーの主成分は緑茶カフェインを使用しているということ☆日本人には嬉しいですよね(^^)

ニューベラスエネルギーの誕生秘話と主成分緑茶カフェインについて検証してみましょう。



ニューベラスエネルギー(NuVerus energy)ストーリー


ニューベラスのエネルギーは、古代の知恵と現代科学とを組み合わせて、新しい種類の抗酸化スーパーフードエネルギードリンクを作り出しています。ニューベラスのエネルギーは、他のエネルギー製品やモーニングコーヒーから慣れ親しんだエネルギーを提供します。しかし、それは類似点が終わるところです。

ニューベラスエネルギーの緑茶カフェインのパワー

今日、市場には多くの強化エネルギー飲料製品があります。若者を含む私たちの多くは、1日に複数のエネルギードリンクを飲みながらネットサーフィンやテレビを見たりしています。

なぜこの新しい様々な精神的覚醒剤が心配すべきですか?毎日カップまたはコーヒー2本が重大な健康上の影響を引き起こすことはありません。大きな違いは、バズの出所と関連しています。

天然コーヒーカフェインと実験室で製造された合成カフェイン。

この新しいエネルギードリンク市場は合成カフェインで作られています。合成カフェインははるかに強力です。天然のカフェイン源に付随するすべての天然および有機物質は、工場で製造された合成カフェインと共に存在しません。

合成カフェインは体に素早く吸収されます。一方、緑茶カフェインのような天然産物は、身体によってよりゆっくりと吸収される。また、合成カフェインよりも濃縮度が低く、従って毒性も低い。緑茶には天然のカフェインの利点がたくさんあります。

増加した精神的明快さの期間は長くなります。瞬間的な話題の代わりに、ほとんどのエネルギードリンクとそれから必然的に発生するクラッシュから、あなたは何時間も長時間の敏感さを感じますが、その効果は徐々に消えていきます。

中長期的には別の利点があります。合成カフェインを継続的に使用すると、神経系が過度に飽和し、より大きな問題を引き起こす傾向があります。緑茶カフェインを使用することで、循環系と排泄系は神経系に負担をかけることなくこの天然カフェインを簡単に排除できます。

ニューベラスエネルギーには、最適な健康状態のための強力なスーパーフードが含まれています。何世紀もの間、ブラックシードの健康上の利点は丸薬または油の形態でしか実現できませんでした。もう違います。

先進的な研究と技術によって、ニューベラスはブラックシードの最も重要な成分を抽出し、ニューベラスエネルギーの他の成分と一緒に働くように処方しました。

ニューベラスエネルギーは、ブルーベリー、ザクロ、ノニ、アップル、ナシ、ブドウ、チェリーなどのオーガニックジュースで作られています。これらのオーガニックジュースには、あなたの栄養ニーズに合わせて毎日補給するためのビタミン、ミネラル、抗酸化物質が含まれています。

ニューベラスエネルギーは、高度な吸収のためにアロエベラベースを使用しています。アロエベラはあなたの体を水分補給し、炎症を軽減し、運動後の痛みを排除します。アロエベラを使用することにより、ニュアベラスのエネルギーの栄養素は最大300%の吸収率で吸収されます。


ニューベラスエネルギー 緑茶カフェイン


緑茶の歴史は8世紀にさかのぼります。葉を蒸してその酸化を抑制する方法が発見された時です。12世紀には、葉を「固定​​する」新しい揚げ方法が導入されました。

これらのプロセスの両方は、現代緑茶に特徴的な酸化されていない味および外観を有する茶をもたらし、両方のプロセスは今日でもまだ使用されている。それらの初期の頃から、緑茶の人気と生産が増加するにつれ、緑茶の製造方法は絶えず進化し、改善されてきました。

科学者は、緑茶中に6種類のカテキン類を同定した。そのうちの1つはエピガロカテキンガレート(EGCG)である。緑茶のEGCGは人体の代謝率を高めます。

つまり、脂肪の酸化レベルと体が食物をカロリーに変え、体重減少を助長します。緑茶は体脂肪を減らし、体を解毒し、食べ物の欲求を間に合わせます。

利尿特性を有効にして、余分な水を排除し、それによって過剰重量を減らします。したがって、毎日飲む緑茶は本当にあなたの減量の旅であなたを助けることができます。

緑茶カフェイン

緑茶は目を覚ますだけでなく、賢くすることもできます。主要な有効成分はカフェインであり、これは既知の覚せい剤である。それはコーヒーと同じくらいは含まれていませんが、あまりにも多くのカフェインに関連する「ジッタリー」な効果を引き起こさずに応答を生成するのに十分です。

脳内でカフェインとは、アデノシンと呼ばれる阻害性の神経伝達物質を遮断することです。このようにして、実際にニューロンの発火とドーパミンやノルエピネフリンのような神経伝達物質の濃度が増加します。

カフェインは以前より集中的に研究されており、気分の改善、警戒、反応時間および記憶の改善など、脳機能のさまざまな側面の改善につながっています。

しかし...緑茶にはカフェイン以上のものが含まれています。

それはまた、血液脳関門を通過することができるアミノ酸L-テアニンを有する。L-テアニンは、抗不安作用を有する阻害性神経伝達物質GABAの活性を増加させる。また、ドーパミンや脳内のアルファ波の生成を増加させます。

研究により、カフェインとL-テアニンが相乗効果を有することが示されている。両者の組み合わせは、脳の機能を改善し、注意力とエネルギーを創出するのに特に効果的です。


いかがでしたか?
現代人は緑茶離れとも言われてきましたが、今また緑茶ブームがおこっています(^^)体にいいものを、研究し続けているニューベラスが人気な理由はここにあるのかもしれませんね。

これだけ製品力もある会社に登録したら、稼げるかも!と思う方も多いようですが製品力だけで稼げるとは限りません。

ネットワークビジネスは稼げるノウハウをもったアップに出会えるかが成功への近道です。


・。.成功への近道へ.。・





あなたのネットワーク ビジネス順調ですか?


画像の説明


[check]口コミ勧誘に限界を感じている

[check]もう疲れた


で も


[check]ビジネスモデルには可能性を感じている

[check]次こそは成功したい!

[check]何がなんでも成功したい!

画像の説明




そんなあなたを

応援します!


『何故かって?』

数年前の私と今のあなたが同じだから…(*^-^*)

私も、何が何でも成功したい!と思ってはいても結果がでない…もどかしさやら、悔しさやら、モヤモヤした日が続いていました。

でも、
成功したい!

その思いが大切なんです。

全力でサポートしますので、安心してついてきてください。

『絶対に成功する!』
あなたはその思いだけを忘れなければ大丈夫です(^ー^)




画像の説明



ネットワークビジネス売上高 ランキング 2017年

このサイトは上記紹介したネットワークビジネス企業とは一切関係ありません。ネットワークビジネスがクリーンなビジネスとして多くの人に拡がってほしいという思いで運営しております(^^)
ネットワークビジネスは企業により、製品・報酬プランなど様々です。
2016年売上高ランキングもあわせてご覧になり、業績も参考にしながら、参加される企業をご検討下さいね♪

順位会社名売上高(百万円)前年比(%)
1日本アムウェイ98,8992.1
2三基商事65,000
3フォーデイズ39,7423.7
4ニュースキンジャパン33,000▲4.0 
5ノエビア27,1034.8
6アシュラン24,900
7フォーエバーリビング19,600
8シャルレ18,8361.2
9ベルセレージュ本社18,5002.8
10モリンダジャパン18,000
11ナチュラリープラス16,485▲24.0
12モデーアジャパン16,000
13日本シャクリー11,1851.5
14高陽社10,000
15日本タッパーウェア8,000
15シャンデール8,000
17(株)赤塚7,800
18グラントイーワンズ7,500▲11.8
19イオン化粧品6,910
20セプテムプロダクツ6,800▲9.0
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,3008.5
23ネイチャーケアジャパン6,000
23サミットインターナショナル6,000
25アライヴン5,5000.0
26アイビー化粧品5,16315.0
27ニナファームジャポン5,0509.8
28ザ マイラ5,030▲2.0
29TIENS JAPAN(ティエンズ)4,8004.3
30YOSA (旧バイオクィーン)4,7006.6
31シナリー4,600
32ドテラジャパン4,56020.2
33ライフバンテージジャパン4,300
34ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
34ピュアクリスタル4,0000.0
36ペレ・グレイス3,6300.8
37エクスフューズジャパン3,4458.0
38グリーンプラネット3,400
39マナビス化粧品3,300▲0.2
40三和 株式会社3,0000.0
41アミン2,400
42サンテクレアール2,300
43ケイエスビー2,250
44シナジーワールドワイドジャパン2,22722.0
45ベガ(VEGA)2,1762.4
46イオスコーポレーション2,10021.0
47オードビー・ジャポン2,000
47ジュネスグローバル2,000
47アイスター商事2,000
47マナテックジャパン2,000
47M3(エムスリー)2,0000.0
52ローズライン1,800
53エックスワン1,750
53ハッピーファミリー1,750
55シェラバートン1,695
56カイアニジャパン1,600
57シー・エム・シー1,575▲3.4
58アトコントロール1,554▲23.0
59スターライズジャパン1,500
60ユニシティ・ジャパン1,400
61エヌエーシー1,3500.0
62エムジーエム1,300
62日本ベスト1,300▲7.1
64エコロインターナショナル1,25030.0
65GNLDインターナショナル1,24310.0
66IPSコスメティックス1,200
66スリーピース1,200100.0
66エムブラン1,2000.0
69国際友好交易1,004
70ウインライフ・ジャパン1,000
70マイフレンド1,000
70クレス薬品1,000
70フォーライフリサーチジャパン1,000
74ユニヴェール9870.0
75ウイズ900
76レインボー800
76ウィル・サーチ800
78ライラック7740.4
79ジョイ7320.7
80エコプライム700
80遊気創健美倶楽部700
80プロティオス700
83DNA(ディーエヌエー)600
83ピュアーライフ600
83AIM(エイム)6000.0
86参壽恵本舗 5977.0
87オリヴィス(OriVis)57011.8
88(株)苔善560▲10.0
89ビー・エッチ・シー530▲10.6
90JM Ocean Avenue Japan520
91NIKKEN(ニッケン)500
91ユサナ・ヘルス・サイエンス5000.0
93アルペン総合研究所480
94アストーラ470
94ビィゴライフ4700.0
96ピュアスター45620.0
97セモア450
98ハンドライフリミテッド440
99エルブ400
99ラヴィ400
97ミューズ400
102スターリジャパン37020.0
103DNAジャパン360
104エポックモア350
105コンフィアンスモビリア340▲0.3
106クリエイション300
107フューチャーエナジー274▲20.0
108フォーチュンインターナショナル2500.0
109日本ビーエフ239▲4.6
110ツインズ200
111ミラクル160
112SEIKAN1500.0
113サンライダー・ジャパン・インク132

(2017年3月号 月刊ネットワークビジネスより)


画像の説明

画像の説明



画像の説明

画像の説明


経済的 精神的


負担があると


続きません!

画像の説明