ナチュラリープラス

2016年ネットワークビジネス売上ランキング。第6位のナチュラリープラス
主力製品は何といっても「スーパー・ルテイン」「イズミオ」ですよね。

その他にも気になる製品が多数!
個人的には酵素に興味があるので「ピュリフィカ」が気になります(^^)

ナチュラリープラス 企業情報

株式会社ナチュラリープラス
Naturally Plus Co.,Ltd

◼住所
〒106-6035
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階

◼電話番号
TEL:03-6230-3311

◼FAX番号
FAX:03-6230-3011

◼その他
無料ダイヤル:0120-989-329

◼設立
1999年3月8日

◼資本金
4億8,000万円

◼従業員数
158名(2014年11月末現在)

◼事業内容
栄養機能食品、ビューティケア製品等の販売・製品企画

◼代表者
代表取締役社長 名越 隆昭

ナチュラリープラス 名越隆昭社長 挨拶

1999年の創業以来ナチュラリープラスは、ユニークな製品を人から人へ伝えることで、日本をはじめとして世界中の人々に愛され広がってまいりました。

その礎となっているのが、「共育」という基本思想をベースに実現される、「無理なく、続けられる」という独自のスタイルです。

会員の皆さまと会社が一体となって「地球全体を健康に導く」ことを目指す。そこには性別、年齢、国籍や学歴、文化、宗教などの隔てはなく、ご縁の晩早も問われることはありません。

健やかな笑顔があふれる、かけがえのない毎日のために。真のグローバルな健康コミュニティを目指して。社会に信頼される企業として歩み続けます。

株式会社ナチュラリープラス
代表取締役社長

ナチュラリープラス 製品 スーパー・ルテイン

◼カロテノイドをバランスよく配合。緑黄色野菜の、これからの補給スタイル。
厚生労働省は「1日350gの野菜を食べること」を勧めていますが、現代のライフスタイルでは難しいのが現実です。

近年は、野菜に含まれる栄養価の低下も懸念されており、野菜を食べていたとしても、栄養バランスに不安が残ります。

「スーパー・ルテイン」は、現代人の健康を支える成分として注目されている、野菜や果物に含まれる色素成分、カロテノイドをバランスよく配合しました。

◼6つのカロテノイドをバランスよく配合
「スーパー・ルテイン」には、「ファイトケミカル」の代表格であるカロテノイドが、ルテイン、ゼアキサンチンをはじめとして6種類配合されています。

この他、アントシアニン、DHA、ビタミンB群、ビタミンEなどの栄養成分をバランスよく配合。野菜不足を感じている方、食事の栄養バランスが気になる方にお勧めのサプリメントです。

ナチュラリープラス 製品 ピュリフィカ

はじめよう、快調習慣。

食物繊維は、毎日の快調なリズムを守るために欠かせない成分です。厚生労働省は食物繊維の1日の摂取目標を成人男性で20g・女性で18g※1と定めていますが、十分な量を取れている人は多くありません。

そんな現代の食物繊維不足をケアするために生まれたのが「ピュリフィカ」。1袋に5.3~5.6g、業界トップレベルといえる量の食物繊維を配合した健康補助食品です。さらに植物性酵素などのからだにうれしい成分も加えました。

あなたの毎日に、プラスαの食物繊維習慣を。そこから、新しい毎日を始めませんか。

□1袋に5.3~5.6gの食物繊維を配合
腸の長さもからだのつくりも違うのに食生活だけが欧米化し、日本人の食物繊維不足は年々深刻化しています。それをしっかりカバーできるように、「ピュリフィカ」には業界トップレベルといえる量の食物繊維を配合しました。適度な運動、水分補給、そしてたっぷりの食物繊維で快調なリズムを守りましょう。

□8種の「植物性酵素」を配合
食事の栄養分をサポートする酵素。体内で酵素をつくる力は加齢とともに弱くなるため、それを外から補う食物酵素が注目されています。「ピュリフィカ」には、植物を発酵させてつくる8種の「植物性酵素」を配合しました。働きの異なる8種の酵素が、食事の栄養分をサポートします。


画像の説明

3.png

3.png


2016年ネットワークビジネス売上高ランキング

順位会社名売上高(百万円)前年比(%)
1日本アムウェイ96,794▲0.2
2三基商事70,000
3フォーデイズ41,3796.6
4ニュースキンジャパン34,500▲10.0 
5アシュラン27,200
6ナチュラリープラス23,41010.5
7ノエビア22,900
8フォーエバーL19,600
9シャルレ18,613▲10.2
10モリンダ18,000
11ベルセレージュ17,5002.9
12モデーアジャパン16,000
13高陽社12,000
14日本シャクリー11,024▲11.6
15グラント・イーワンズ8,50037.0
16シャンデール8,300
17日本タッパーウェア8,000
18赤塚7,800
19セプテムプロダクツ7,51013.7
20日健総本社6,400▲7.7
21イオン化粧品6,170▲15.0
22サミットインターナショナル6,000
22ネイチャーケアジャパン6,000
24ロイヤル化粧品5,807
25アライヴン5,5000.0
26ハーバライフ・オブ・ジャパン5,300
27ザ マイラ5,130▲5.0
28ライフバンテージ5,000
29TIENS JAPAN(ティエンズ)4,6005.0
29シナリー4,600
29ニナファームジャポン4,6003.4
32アイビー化粧品4,488
33YOSA(バイオクイーン)4,600
34ピュアクリスタル4,0000.0
35ドテラ・ジャパン3,80052.0
36ペレ・グレイス3,6009.0
37マナビス化粧品3,400
37グリーンプラネット3,400
39エクスフューズジャパン3,19010.0
40スターライズ3,1000.0
41三和 株式会社3,0000.0
42M3(エムスリー)2,5000.0
43アミン2,400
44サンテクレアール2,300
45ケイエスビー2,250
46ベガ(VEGA)2,1261.9
47イオスコーポレーション2,1000.0
48マナテックジャパン2,000
48フォーライフリサーチジャパン2,000
48アイスター商事2,000
48オードビージャポン2,000
52シナジーワールドワイドジャパン1,82546.0
53シェラバートン18026.9
54ローズライン1,800
55エックスワン1,750
55ハッピーファミリー1,750100.0
57アトコントロール1,700
58シー・エム・シー1,630▲6.5
59日本ベスト1,4000.0
60エヌエーシー1,35012.5
61エムジーエム1,300
62IPSコスメティックス1,200
62エムブラン1,2000.0
64GNLDインターナショナル1,13013.0
65国際友好交易1,004▲3.0
66エコロインターナショナル1,000
66プロティオス1,000
66マイフレンド1,000
66クレス薬品1,000
70ユニヴェール9870.0
71レインボー900
71エコプライム900
73ジャパンウィル・サーチ800
73ユニシティ・ジャパン800
73ウイズ800
76ライラック7724.0
77ジョイ7270.0
78遊気創健美倶楽部700
79DNA600
79スリーピース6000.0
79AIM(エイム)600
82ピー・エッチ・シー593▲15.0
83苔善580▲10.0
84参壽恵本舗5589.0
85オリヴィス OriVis)51021.4
86ユサナ・ヘルス500▲30.0
86NIKKEN(ニッケン)500
88アルペン総合研究所480
89アストーラ4704.4
90セモア450
91ミューズ400▲20.0
91エルブ400
91ラヴィ400
94ピュアスター38034.8
95DNAジャパン360
96エポックモア350
96コンフィアンスモリビア350
98フューチャーエナジー3434.5
99スターリージャパン3100.0
100クリエーション300
101フォーチュン250▲7.4
101ナチュミン・ジャパン250▲34.2
103日本ビーエフ248▲2.3
104パルウエーブ200▲60.0
104ツインズ200
104ラ・スプランデュール200
107ミラクル160▲11.1
108SEIKAN150
109サンライダージャパン132

(資料は月刊ネットワークビジネス2016年3月号より)


画像の説明

画像の説明


経済的精神的


負担があると


続きません!

画像の説明